酵素ドリンクは便秘の方にも人気!その理由とは?

酵素ドリンク|便秘

酵素ドリンクをダイエットだけでなく、日々の健康維持に持ちている方は多いです。
特に女性の方でお悩みとして感じている方が多い、便秘を解消したいという方にも酵素ドリンクは人気があります。

 

酵素ドリンクを愛飲されている方の口コミでもお通じの変化を実感している方は多いですよね。

 

便秘薬などにはあまり、頼りたくないという方にとって日々の食事だけで便秘解消を目指すのは意外に大変です。
さらに年齢を重ねていくと、少しの生活習慣の変化などでお通じのサイクルが乱れてしまうこともあり、しっかりと便秘解消を目指したい方にとっては注目のアイテムの一つとして知られています。

 

酵素ドリンクの便秘対策へのメリット

酵素ドリンク自体は野菜や果物、海藻類、野草、根菜など様々な食材を発酵させて作られた植物発酵エキスです。
このエキスには食物繊維も含まれている他、発酵の際に使用される酵母菌が腸内環境を整えるのに役立つと考えられています。

 

腸内環境を整えるのに嬉しい発酵菌

腸内環境を整えるのに発酵食品が勧められるのは発酵する時に用いられる酵母菌や乳酸菌が腸内の善玉菌を増やすのにも関わるためで、植物発酵エキスはこの発酵菌によって原料を発酵させているため、腸内環境を保つのに役立つ点があると言われています。

 

消化酵素をサポート

酵素ドリンクは原料を発酵熟成されることで分解された状態でボトリングされます。
そのため、通常の食事を食べるよりも消化や吸収がされやすいため、消化に使用される消化酵素の量が少なくすむことで、胃腸の働きを休めることにも繋がります。

 

水分補給にも役立つ

酵素ドリンクは飲料ですので、食物発酵エキスと共に水分を十分に摂ることができます。
これによって固くなって留まっている腸内の便を軟らかくすることにも繋がるため、お通じに繋がると言われています。

 

 

酵素ドリンクでのプチ断食を行うと溜まっていた宿便が多く排出されます。ほぼ酵素ドリンクの水分のみで過ごすこともあり、消化に使用される酵素量を減らし代謝酵素を働かせることで老廃物や溜まっていた便の排出が行われていると考えられています。

 

実際に管理人もプチ断食2日目は水分が多めな真っ黒な便が出た経験があります。これらはいわゆるデトックスになるため、酵素ドリンクを用いて置き換えダイエットやプチ断食を行うと便秘がちな方が違いを感じられたという点に繋がるのではと感じます。


 

便秘対策で酵素ドリンクを飲む時の選び方

ダイエットだけでなく、健康維持や便秘解消を目指すために酵素ドリンクを利用する時のポイントは可能な限り添加物は使用されていない方が、胃腸への負担が少ないという点です。

 

というのも酵素ドリンクに使用されていることが多い添加物(甘味料や香料、保存料など)は吸収されずに腸内に残ります。この時、添加物を排出するために代謝酵素が働かなくてはならず、腸内環境を整えたいのに、新たな負担をかけていることにもなるため、飲みやすさなどに配慮した上で添加物は不使用な酵素ドリンクの方が、胃腸への負担はより軽くなると言われています。

 

そのため、健康維持という点で考えるなら無添加の酵素ドリンクがシンプルに植物発酵エキスを補給することに繋がるのでおすすめです。

 

 

便秘の主な原因

酵素ドリンク|便秘

まず便秘になりやすい原因として挙げられているのが
  • 食生活の偏りによって食物繊維が不足している
  • 食生活の偏りによって消化機能に負担をかけている
  • 運動不足による影響
  • 寝不足・ストレスによる影響
  • ダイエットによる影響

以上が便秘に繋がりやすい原因とされています。

 

便秘の症状の主な種類として

  • 機能性便秘
  • 弛緩性便秘
  • けいれん性便秘
  • 直腸性便秘

といった種類があります。

 

食生活の偏りによって食物繊維が不足している

食生活の中で野菜などの食物繊維を含む食材を食べる機会が少ない場合、便意を促す蠕動運動が弱まりやすくなると言われています。
食物繊維は消化酵素によって分解された後に吸収されなかったものです。

 

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は腸内で水分を含み膨らんで蠕動運動を促す働きがあります。

 

ダイエット時に起きやすい便秘は食べる量が減ることで便自体の量が減っていることが影響していることが多く、これに対して不溶性食物繊維が便の量を増やすのに役立つとされています。

 

水溶性食物繊維は果物やこんにゃく、海藻類といった食べ物に含まれており、ペクチンやグリコマンナンなどがあります。
硬くなった便に水分を含ませ柔らかくさせながら腸内の不要な便を巻き込んで有害物質などと共に排出させる働く他、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整えるのにも関わっています。

 

食物繊維は便秘解消でよく耳にしますが、ただ沢山摂るのではなく、水分をしっかりと取りながらバランス良く補給することが基本です。

 

食生活の偏りによって消化機能に負担をかけている

食生活の偏りや食べ過ぎといった生活は消化器官への負担も大きくなります。消化をする際に使用される消化酵素を使用するのですが、体内で作られる酵素の量には限界があり、年齢や生活習慣によって減少します。

 

消化がスムーズに行かない、もしくは不十分な状態だと腸内への負担は大きくなります。そして消化酵素に多くの酵素が使用されている体内は代謝酵素に使用する量がどんどん少なるのに排出や、新陳代謝に多くの酵素が必要な状態が続き、腸内環境も悪化することで便通が滞りやすくなると言われています。
食生活の偏りや食べ過ぎは腸内環境の悪化、機能が衰えるということにも繋がりやすいと考えられています。

 

運動不足による影響

運動不足によって腸内の動きや排泄にかかわる筋肉が弱まる他、体も冷えやすく機能が低下しやすい状態が続きます。
トイレでいきむ時など蠕動運動を促しながら排泄を行う時もお腹周りの筋肉などは影響が大きいです。

 

また、腸を正しい位置に保つための筋肉が弱まることで、腸が下がってしまい、腸自体の働きが弱まるというのも運動不足が便秘に影響している理由とされています。

 

運動は自律神経の安定にも関わっており、自律神経は便秘とも深い関係があります。運動をすることでストレスを発散させる、体温を上げる、筋肉をほぐし活発にするといった基本の他に自立神経(交感神経と副交感神経のバランス)が安定することによって腸の蠕動運動を促しています。

 

寝不足・ストレスによる影響

運動不足と共に挙げられることが多い、寝不足・ストレスによる影響です。

 

寝不足になると、寝ている時に優位になる自律神経の副交感神経が十分に働かないため、本来便を大腸で作る時間でもある寝ている時間帯の時間が短くなることで、便がうまく作られない状態が続きます。

 

ストレスも自立神経への影響が大きく、腸の蠕動運動を弱まらせてしまう場合があります。

 

ダイエットによる影響

ダイエット時に多い食事制限をするケースは便を作るための材料が少なく、さらに水分量も低下しやすいことで、便が少なく、硬い状態になって便秘になりやすくなると言われています。

 

ダイエット時はカロリーを減らしても水分をしっかりと補給して体を動かしましょうと言われる理由はこの点にも関わっていると言えます。

 

まとめ

酵素ドリンクを飲むメリットの基本は野菜や果物などの栄養を熟成発酵させたエキスで補給でき、さらに食物酵素を消化しやすい形で補給し、消化酵素をサポートすることです。

 

その上で置き換えダイエットなどの摂取カロリーを減らすというアイテムとしても活用が可能なわけですね。

 

便秘の原因は食生活や生活習慣の影響が大きいです。そのうちの食生活の乱れに対して酵素ドリンクは栄養補助として便秘対策などの健康習慣をサポートするのに役立つ点が多いです。

 

 

 

>>TOPページへ


関連ページ

酵素ドリンクとダイエットの関係性
酵素の働きとダイエットの関係性、酵素ドリンクなどの酵素アイテムがダイエット成功に役立つと言われる理由について解説しています。
酵素ドリンクは産後ダイエットに有効?
安心して産後ダイエットに取り組みたい方の疑問に多い、酵素ドリンクが産後ダイエットに役立つと言われる理由を酵素ドリンクの特徴や取り入れ方を交えて解説しています。
酵素ドリンクは健康維持にも効果的?
酵素ドリンクが毎日の健康維持に役立つのか?という疑問について解説しています。